同居での新築購入は注文住宅に限る

義母が一人暮らしになるため、同居するために家を購入することになりました。

困ったのは間取りです。仏壇があったのですが、義母の部屋を畳にして仏壇を置くと狭くて嫌だと言われました。

 

間取りを自由にしたかったので建て売りではなく注文住宅にしなければならず、

外壁から瓦、外構に壁紙まで全て義母の意向を組みながら考えるのが大変でした。

また夫は自分だけのプライベートスペースがほしいということで書斎をどうやって作るかを検討しました。

 

間取りはリビングに畳コーナーを設け、仏壇を毎日みんなで管理できるようにしました。

義母には洋室を一間与えました。

外壁や外構は夫にも間に入ってもらい、選びました。

壁紙はショールームまで足を運んで実物を見てサンプルをもらい、夫に提案して決定しました。

同居ということで一緒に住んで不便がかいように、共有スペースは廊下から入れるようにしました。

例えば二階の物干しスペースは建て売りだと夫婦の寝室からしか出入りできなかったらしますので、お互いそれは嫌だったので工夫しました。

 

同居での住宅購入は細かいところまで生活を考えて造り込みをした方が良いと改めて思います。

建て売りでは小回りが利かない間取りになりがちなので、お金はかかっても注文住宅で建てた方が後々面倒は起きないと思います。

 

建替え新築一戸建て 2世帯住宅のお話

2世帯住宅。本当ならば違うところに建てたかったのだが、そうはいかない事情があり2世帯に。
ただ、主人はすべて一緒でいいじゃないか という考え。私は全て別を希望。そこは話し合いキッチンだけ別になりました。
食べる好み、時間、何より義母との身長差があったので、シンク等の高さに困りましたからね。
友達を呼んでも気兼ねなく過ごしてもらいたかったのもあるので 最低キッチンは別という形になりました。

 

主人を説得することから始まりました。

なんせ2つあっても無駄だ と言われていましたので。

冷蔵庫等家電も全て2つになりますので電気代もその分高くなりますしね。

 

しかし、それでも譲れなかったのです。
ですので、義母との身長差、食べる時間、友達を呼んだ時のこと等を必死に伝え、なんとかキッチン別を実現。
本当は全て別を希望しておりましたが、金銭面で無理が生じてしまったため、この形になりました。

 

お休みの日は一緒に食事をするようにしております。

お友達を呼んだときは自分たちのスペースでゆっくりと時間を気にせず、親を気にすることなく過ごすことができております。

 

それぞれに希望があると思います。意見のぶつかり合いもあると思います。

が、そこをしっかりしておかないと後で後悔が残り 夢のマイホームが叶わなくなる可能性もあります。

私ももう少ししっかりぶつかり合い、話し合いをすればよかったと思うところもあります。

 
大きな買い物です、一生モノの買い物です。悔いが残らないように沢山話し合ってください。