大家族でも安心して暮らせる家づくり

子どもがたくさんいたり、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に暮らすような大家族が家を建てるときには、やはり十分な広さを確保することが重要です。

せっかく新しい家を買っても、いざ生活を始めてみて「やっぱり狭いなぁ」と感じると、何よりも後悔が残ります。例えば、「広さには満足できないけれど、他のポイントがすべて理想的な家だから買っちゃおう!」というのは絶対にやめたほうがいいです。

どれほど気に入った家でも、広さに満足できていないのなら購入はおすすめしません。購入後にどんなリフォームをしようとも、広大な庭などがない限りは家を広くすることだけは不可能です。
大家族となると、家族員全員がそれぞれ個別の自室を持つことは厳しいでしょう。そうなれば、部屋を二、三人で共有するなどの手段を取るしかありません。

そうしたときに注意したいのが、「きちんと全員分設けられるか」です。大阪の工務店で家探しをするときは、内見の際に「これだけ部屋があるんだからきっと全員分用意できるだろう」と想像だけで済ませてしまう人はそうそういないでしょうが、きちんと各個人が家具などを置けるか、置いて部屋を圧迫しないかという細かいところまで考えたほうがいいでしょう。

具体的に考えるほど、失敗は少なくなります。

バリアフリーに配慮する場合は注文住宅がおすすめ

注文住宅を考える上で、生涯住み続ける場所なので、将来の事を考えて段差や階段に苦労することを見越し、バリアフリーの住宅を建てる事もおすすめと言えます。

注文住宅ではバリアフリーを多く実現する事が出来て、高齢者や障がい者にとって支障となるものを取り除いた状態のことで、家中の段差をなくしたり、階段に手すりをつけたりなど高齢になる前にバリアフリーにしておくことで、準備をする事も出来ます。

広いトイレは、高齢者や車椅子で生活する人にとって嬉しい設計であり、通常の建売住宅では、トイレの広さは、あらかじめ一定に決められていることも多いので、拡張することが難しい場合が多いです。最初からバリアフリーのトイレを設計しておくと老後まで安心して住めます。

お風呂も広いお風呂にすることが重要で、十分なスペースを取っておくと老後のためになります。 体が不自由になると濡れた床で転んで事故も起こる事もあります。

滑りにくい床材を選ぶと良いです。大阪のハウスメーカーを探す時は建売住宅はバリアフリー化することが難しいですが、注文住宅なら出来るということを念頭に探してみてはどうでしょうか。