大家族でも安心して暮らせる家づくり

子どもがたくさんいたり、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に暮らすような大家族が家を建てるときには、やはり十分な広さを確保することが重要です。

せっかく新しい家を買っても、いざ生活を始めてみて「やっぱり狭いなぁ」と感じると、何よりも後悔が残ります。例えば、「広さには満足できないけれど、他のポイントがすべて理想的な家だから買っちゃおう!」というのは絶対にやめたほうがいいです。

どれほど気に入った家でも、広さに満足できていないのなら購入はおすすめしません。購入後にどんなリフォームをしようとも、広大な庭などがない限りは家を広くすることだけは不可能です。
大家族となると、家族員全員がそれぞれ個別の自室を持つことは厳しいでしょう。そうなれば、部屋を二、三人で共有するなどの手段を取るしかありません。

そうしたときに注意したいのが、「きちんと全員分設けられるか」です。大阪の工務店で家探しをするときは、内見の際に「これだけ部屋があるんだからきっと全員分用意できるだろう」と想像だけで済ませてしまう人はそうそういないでしょうが、きちんと各個人が家具などを置けるか、置いて部屋を圧迫しないかという細かいところまで考えたほうがいいでしょう。

具体的に考えるほど、失敗は少なくなります。

バリアフリーに配慮する場合は注文住宅がおすすめ

注文住宅を考える上で、生涯住み続ける場所なので、将来の事を考えて段差や階段に苦労することを見越し、バリアフリーの住宅を建てる事もおすすめと言えます。

注文住宅ではバリアフリーを多く実現する事が出来て、高齢者や障がい者にとって支障となるものを取り除いた状態のことで、家中の段差をなくしたり、階段に手すりをつけたりなど高齢になる前にバリアフリーにしておくことで、準備をする事も出来ます。

広いトイレは、高齢者や車椅子で生活する人にとって嬉しい設計であり、通常の建売住宅では、トイレの広さは、あらかじめ一定に決められていることも多いので、拡張することが難しい場合が多いです。最初からバリアフリーのトイレを設計しておくと老後まで安心して住めます。

お風呂も広いお風呂にすることが重要で、十分なスペースを取っておくと老後のためになります。 体が不自由になると濡れた床で転んで事故も起こる事もあります。

滑りにくい床材を選ぶと良いです。大阪のハウスメーカーを探す時は建売住宅はバリアフリー化することが難しいですが、注文住宅なら出来るということを念頭に探してみてはどうでしょうか。

高齢者にも優しい高断熱高気密の家

私達夫婦は木造の古い家に住んでいました。

「この家には、断熱材は入っているのかしら」と想うほど夏は暑く冬は室内でも

コップの水が凍るほどの賃貸物件でした。
私達夫婦も歳を重ね暑さや寒さが身に応えるようになりました。

暖房が利いた部屋からトイレや浴室に行くと心臓がキュッと掴まれるような想いもします。

「ヒートショックで心筋梗塞や脳卒中になったりして」と冗談でもいえない状況と年齢です。
古い賃貸の家を出て温度差の少ない家が欲しいと想うようになりました。

ハウスメーカー巡りをして高断熱の家を建てる準備を始めました。
知人が新築一戸建てを購入しました。

お祝いがてら尋ねてみると新築なのに「寒い」のです。

暖房を使っていない訳ではありません。

色々調べてみて「気密性」に問題があることが分かりました。

いくら防寒着を着込んでも服が破けていたのでは寒さは凌げません。

家も同じです。

私達は口コミや営業マンの対応などから信頼の置けるハウスメーカーを選び

高断熱高気密の家を建てました。大阪で注文住宅を建てるならこちら!

注文住宅の客間の設計ポイント

注文住宅での客間作りですが、どれだけ来客があるかがポイントになります。

人によって来客は異なりますが、結論から言うと、客間はほとんど来客がないならば、

あえて設けないという選択肢もありです。

来客がある場合やもしもの来客時に用意しておきたいという人には、

書斎などフリースペースとして使える4畳半程度の部屋を用意しておくとよいです。

リビングの一角にあると開放感も出るのでお勧めと言えます。

注意点としては、来客用の寝室として利用することが多い場合は、

リビングと離れた場所にある事が、お互いに気を遣わなくて楽です。

加えて親と同居する可能性がある場合には、独立した客間を用意しておくと

より安心と言えます。

出入り口が廊下に面している方が、プライバシーが守れて、

リビングと続き間になっている間取りでも、廊下側に出入り口を設けると

将来リビングとの間を仕切って完全な個室として使えます。

東大阪で一戸建てを建てる際はそれぞれのライフスタイルで客間を考えると良いです。

注文住宅で理想的な二世帯住宅造り

高齢になった親と一緒に住みたいと考えるようになり、

注文住宅で二世帯住宅を検討するようになりました。

バリアフリーで高齢者も安心して住めるような家造りをしたいと考えていたので、

じっくりと気に入った住まいを造るには注文住宅が良いと判断しました。

予算も決めていたので、その範囲内で家を建ててもらいたいと思い、

住まいを設計して造ることにしました。

両親の希望も取り入れ、1階部分は両親の住まいにして2階は私たち家族が住むようにし、

手すりをつけたり、段差をなくしてバリアフリーにするなど、

徹底した住まい造りを実現することができました。

 

予算もあらかじめ決めていましたし、注文住宅は料金設定もしっかりとしているので、

かなり充実した価格にて家を建てることができます。

なかなか満足できる住まいができ、家の中がゆっくり過ごせるようになったので

注文住宅で二世帯住宅を造ることができ、なかなか満足しています。

予算の範囲内で理想的な家造りができました。大阪で木の家を建てるならこちら!

同居での新築購入は注文住宅に限る

義母が一人暮らしになるため、同居するために家を購入することになりました。

困ったのは間取りです。仏壇があったのですが、義母の部屋を畳にして仏壇を置くと狭くて嫌だと言われました。

 

間取りを自由にしたかったので建て売りではなく注文住宅にしなければならず、

外壁から瓦、外構に壁紙まで全て義母の意向を組みながら考えるのが大変でした。

また夫は自分だけのプライベートスペースがほしいということで書斎をどうやって作るかを検討しました。

 

間取りはリビングに畳コーナーを設け、仏壇を毎日みんなで管理できるようにしました。

義母には洋室を一間与えました。

外壁や外構は夫にも間に入ってもらい、選びました。

壁紙はショールームまで足を運んで実物を見てサンプルをもらい、夫に提案して決定しました。

同居ということで一緒に住んで不便がかいように、共有スペースは廊下から入れるようにしました。

例えば二階の物干しスペースは建て売りだと夫婦の寝室からしか出入りできなかったらしますので、お互いそれは嫌だったので工夫しました。

 

同居での住宅購入は細かいところまで生活を考えて造り込みをした方が良いと改めて思います。

建て売りでは小回りが利かない間取りになりがちなので、お金はかかっても注文住宅で建てた方が後々面倒は起きないと思います。

 

建替え新築一戸建て 2世帯住宅のお話

2世帯住宅。本当ならば違うところに建てたかったのだが、そうはいかない事情があり2世帯に。
ただ、主人はすべて一緒でいいじゃないか という考え。私は全て別を希望。そこは話し合いキッチンだけ別になりました。
食べる好み、時間、何より義母との身長差があったので、シンク等の高さに困りましたからね。
友達を呼んでも気兼ねなく過ごしてもらいたかったのもあるので 最低キッチンは別という形になりました。

 

主人を説得することから始まりました。

なんせ2つあっても無駄だ と言われていましたので。

冷蔵庫等家電も全て2つになりますので電気代もその分高くなりますしね。

 

しかし、それでも譲れなかったのです。
ですので、義母との身長差、食べる時間、友達を呼んだ時のこと等を必死に伝え、なんとかキッチン別を実現。
本当は全て別を希望しておりましたが、金銭面で無理が生じてしまったため、この形になりました。

 

お休みの日は一緒に食事をするようにしております。

お友達を呼んだときは自分たちのスペースでゆっくりと時間を気にせず、親を気にすることなく過ごすことができております。

 

それぞれに希望があると思います。意見のぶつかり合いもあると思います。

が、そこをしっかりしておかないと後で後悔が残り 夢のマイホームが叶わなくなる可能性もあります。

私ももう少ししっかりぶつかり合い、話し合いをすればよかったと思うところもあります。

 
大きな買い物です、一生モノの買い物です。悔いが残らないように沢山話し合ってください。