二世帯住宅では中庭で分けた家にしてみる

親世帯と子世帯の2世帯住宅は、日本でかなり増えてきました。

しかしそれぞれの一家のプライベート性が確保されにくく、

キッチンなど水回りは共有化するような、ほとんど同居と変わらないような

二世帯住宅も珍しくないことです。
たとえ親子の関係であっても、世帯をもうすこし分離して個々を大切にしたい。

そんな微妙な親子間の気持ちが強いこともあるわけなので、二世帯住宅でもっと

独自性を図るなら、いっそのこと家をほとんど別々にしてしまうのはいい方法です。
中庭をオープンリビングとして連結し、そこだけを共有空間にするというプライベート性を

向上させた二世帯住宅も考えられます。
親子世帯の接点はオープンリビングだけになるわけですが、

ここにはテーブル椅子を設置、バーベキューをしたり子供の遊び場として、

二世帯の接点は常にあり続けます。
2つの家の間のスペース全て中庭にして、道路から中庭のオープンリビングまでの

動線も確保することでも、大阪でマイホームを建てるときの親子二世帯の独立性が

大きく確保されます。