自由設計の二世帯住宅で子育て中です。

我が家は二世帯住宅を希望の通りに実現できました。
地震の影響で夫の実家を建て直すことになり、この際、マンションに住んでいた私達と、

遠方の祖父母も一緒に住める二世帯住宅を建てることになりました。

土地の大きさにはどうしても限りがあるので、両親・祖父母側の世帯部分はかなり

小ぢんまりとさせてしまったのは後悔の残る点となってしまいましたが…。
それを差し引いても、自分たちの生活スタイルに合わせてキッチンもお風呂も1つずつ、

など自由に家づくりができたのはとても良かったです。

 

夫の家に入る形になるので、両親・祖父母と良好な(少なくとも険悪ではない)

関係が築けていたのが実現に繋がったのかなと思っています。
それと、施工した会社が建築事業を初めて2年目だったので、

最初の融通が利く時期だったのもあるかもしれません。

少し危ない橋を渡った感はありますが…汗
間取りを決める際に、二世帯とはいえ、世帯間を全く区切ってしまうのか、

それとも同一にするかなど決めることは多いですが、営業の方から「ドアは1つのほうが

周りから見て仲が良さそうに見えますよ」など提案をいただいて助かった点も多かったです。

 

子どもが生まれる予定もあって二世帯住宅にしたことも大きかったのですが、

やはり正解でした。面倒を見てもらえるこちらの利点もありますし、

両親も祖父母も子どもの顔が見える生活ができることに安心感が大きいように感じます。

大阪で注文住宅を建てるおすすめの工務店はこちら